知っておきたいマラソン知識

朝ウォーキング後に眠くなる?原因と解決方法を徹底解説!

こんにちは!鹿児島でマラソンサークルをしている”かごしまSONIC”代表の宮原です!

今回は、「朝のウォーキング後に眠くなる原因」について深堀してお話をしていきます。

朝のウォーキングは、新しい一日を気持ち良く始めるために最適な運動ですが、ウォーキング後に眠くなってしまうことってありませんか?

この記事では、朝のウォーキング後に眠気を感じる原因と、その対策方法を詳しく解説します。

これからも朝のウォーキングを充実させるために、参考にしてみてくださいね!

1. 朝のウォーキング後に眠くなる理由

朝のウォーキング後に眠くなる原因は主に4つあります。

  1. 睡眠時間が不足している
  2. ウォーキングの時間が長すぎる
  3. ウォーキングを始める時間が長すぎる
  4. 体が慣れてない

一つずつ解説をしていきます!

1. 睡眠時間が不足している

1つ目の原因は、睡眠時間の不足です。

十分な睡眠を確保することで朝のウォーキング後の眠気は解消できます。個人差はありますが、寝る時間を調整し、6〜8時間の睡眠を心がけましょう。

2. ウォーキングの時間が長すぎる

2つ目の原因は、ウォーキングの時間が長すぎる可能性です。

ウォーキング時間を30分以内に抑えることが良いでしょう。適度な運動は体を活性化させる効果がありますが、時間を過ぎると逆効果になります。

3. ウォーキングを始める時間が早すぎる

3つ目の原因は、ウォーキングを始める時間が早すぎることです。

早朝にウォーキングを始めると、眠くなることがあります。外がまだ暗い場合は、明るくなってからウォーキングを行いましょう。

日光の光は覚醒感を高める効果があるため、歩き終わるころには周りが明るくなっていると目が覚めやすくなります。

4. 体が慣れていない

4つ目の原因は、体が慣れていないことです。

朝から起きる習慣がない場合は、徐々にウォーキングの時間を早めることがオススメです。

体が朝の活動に適応してくるまで、少しずつ調整しながら行いましょう。

これら4つの要素を改善することで、朝のウォーキング後の眠気を軽減することができます。

朝のウォーキングを充実させるためには、十分な睡眠と適切な運動時間の調整が重要です。自分に合ったウォーキングスケジュールを作り、目覚めた後の朝のウォーキングを楽しみましょう。

2. 睡眠時間が短い場合の対策

sleep

睡眠時間が短い場合、朝のウォーキング後に眠気を感じることがあります。

しかし、眠気を感じると日中の活動にも影響があるという方は多いかと思います。なのでここでは、睡眠時間が短い場合の対策を紹介していきます。

以下の対策を試してみることで、睡眠時間が短い場合でも朝のウォーキング後に眠気を感じずに過ごすことができます。

  1. 昼寝を取る
  2. 昼食に栄養を摂る
  3. 適度な運動を行う
  4. 水分を摂る
  5. 心地よい音楽を聴く
  6. 目を覚ます方法を試す

一つずつ紹介をしていきます。

昼寝を取る

睡眠不足を感じた場合は、昼寝を取ることがおすすめです。

昼寝をすることで一時的に睡眠を補うことができます。

長い昼寝をすると逆に眠りが深くなり、夜眠りにくくなる可能性があるので、15~20分程度の短い昼寝を心がけましょう。

昼食に栄養を摂る

睡眠時間が短い場合は、昼食に栄養をしっかり摂ることが重要です。

栄養が不足していると疲れがたまり、眠気を感じやすくなるので、バランスの良い食事を心がけましょう。

適度な運動を行う

眠気を感じる場合は、適度な運動を行うと目を覚ますことができます。

ウォーキング後にはストレッチや軽いエクササイズを行ってみると良いでしょう。

水分を摂る

睡眠不足で喉が乾いている場合も眠気が増えやすいので、ウォーキング後に十分な水分を摂ることが大切です。

水分補給をすることで体が活性化し、眠気を感じにくくなります。

心地よい音楽を聴く

ウォーキング中に心地よい音楽を聴くことで気分がリフレッシュし、眠気を感じにくくなります。

自分の好きな音楽を選んでリラックスしながら歩いてみましょう。

目を覚ます方法を試す

眠気を感じる場合は、目を覚ます方法を試してみると良いでしょう。

具体的には、

  • 目を洗ったり
  • 顔を洗ったり
  • 冷たい水を飲んだり

することで目を覚ますことができます。

以上の対策を試してみることで、睡眠時間が短い場合でも朝のウォーキング後に眠気を感じにくくなるはずです。

自分に合った方法を見つけて、健康的な生活を送りましょう。

3. ウォーキングの時間が長すぎる場合の対策

walking

ウォーキングの時間が長すぎると、運動後の疲れで眠くなることがあります。

朝のウォーキングは体を目覚めさせるために行うものですので、眠気を抱えるのは本末転倒ですね。そこで、ウォーキングの時間を適切に調整することが重要です。

これについての対策をまとめましたのでご覧ください。

ウォーキング時間を30分以内に留める

ウォーキングの時間は、適度に行うことが重要です。長時間歩きすぎると、体が疲れて眠くなってしまいます。

朝のウォーキングは気分をリフレッシュさせるために行うものなので、ウォーキング時間を30分以内に抑えましょう。

例えば、家の周りを1周するだけでも十分な運動効果が得られます。

時間を区切って歩く

ウォーキングの時間が長すぎても、一度に長時間歩かなければ眠くなりにくいです。

時間を区切って歩くことで、ウォーキングの時間を長く感じることなく運動を楽しむことができます。

例えば、10分ずつ3回に分けて歩くなど、自分に合った方法で時間を区切りましょう。

ウォーキングのペースを調整する

ウォーキングのペースも眠気に影響を与えます。

早く歩きすぎると、体が疲れやすくなり眠くなることがありますので、適度なペースで歩くようにしましょう。

自分の体力や目的に合わせて、ゆっくりとしたペースで歩くことが大切です。

休憩を挟む

長時間のウォーキング中に休憩を挟むことも効果的です。

15分歩いたら5分の休憩を取るなど、一定のペースで休憩を挟むことで、身体の疲れを軽減させることができます。

また、休憩中にストレッチや筋トレを行うことで、ウォーキングの効果をより高めることもできます。

ウォーキングは健康づくりや気分転換に最適な運動です。しかし、時間を長くしすぎると逆効果になることもありますので、適切な時間とペースで行うことが重要です。

自分の体力や目標に合わせたウォーキングを心掛け、眠気を感じることなく効果的な運動を楽しんでください!

4. ウォーキングを始める時間が早すぎる場合の対策

sunrise

ウォーキングを早い時間に始めると眠気を感じることがあります。

特に夜明け前に外でウォーキングをすると、体が目を覚ましにくくなる可能性があります。朝日を浴びることができないため、まだ眠気が残ってしまうこともあります。

そこで、ウォーキングの時間を調整することで、眠気を軽減することができます。

ここから先は、ウォーキングを始める時間が早すぎる場合の対策をご紹介します。

1. 外が明るくなってからウォーキングを始める

外が明るくなってからウォーキングを始めることで、朝日を浴びることができます。

朝日には目覚めを促す効果があり、体内時計をリセットする効果も期待できます。

ウォーキングの時間を調整し、太陽が昇る前に始めないようにすることが大切です。

2. 起床時間を調整する

ウォーキングを始める時間に合わせて、起床時間を調整することも有効です。早起きすることで、朝の準備に十分な時間を確保することができます。

睡眠時間を確保するためにも、早めの就寝を意識しましょう。

3. 充分な休息を取る

ウォーキングの前には、十分な休息を取ることが重要です。早朝に活動するためには、しっかりと身体を休ませる必要があります。

ウォーキングの前には、身支度やストレッチなどの準備運動を行い、体を目覚めさせることも大切です。

以上の対策を実践することで、ウォーキングを始める時間が早すぎる場合における眠気を軽減することができます。

健康的な生活を送りながら、朝のウォーキングの効果を最大限に活かしましょう。

5. 体が慣れていない場合の対策

朝ウォーキングを始めたばかりの方は、体がまだ慣れていないため、最初は無理をせずにゆっくりと始めることが大切です。

ここから先は、体が慣れていない場合の対策をいくつかご紹介します。

ウォーキングの時間を短めに設定する

初めのうちは10分程度から始め、徐々に時間を延ばしていきましょう。

体にとって新しい運動習慣を身につけるには時間がかかるため、焦らずにゆっくりと進めることが大切です。

歩く速度を調整する

初心者の場合、無理なスピードで歩くとすぐに疲れてしまうことがあります。

ウォーキングのペースは自分の体力に合わせて調整し、心地よい速度で歩くようにしましょう。

休憩を取る

ウォーキング中に疲れを感じたら、無理に続けずに休憩を取ることも重要です。

休憩時には水分補給も忘れずに行いましょう。

ストレッチを行う

ウォーキング前後に適度なストレッチを行うことで、筋肉をほぐし、身体の疲労を軽減することができます。

特に初めてのウォーキングでは、ストレッチを忘れずに行いましょう。

正しい姿勢に気を付ける

正しい姿勢でウォーキングすることは、体への負担を軽減するために重要です。

背筋を伸ばし、腕を自然に振りながら歩くように意識しましょう。

体が慣れていない場合は、最初は少しずつ無理のない範囲で行うことが大切です。

徐々に時間や距離を増やしていき、体力と慣れを養うことで、健康づくりの一環として継続的にウォーキングを行うことができます。

快適なウォーキング環境を整え、自分のペースで進めていきましょう!

まとめ

朝のウォーキング後に眠くなる理由と対策についてご紹介しました。

眠くならないためには、睡眠時間をしっかり確保し、ウォーキングの時間やペースを調整することが大切です。

体が慣れていない場合やウォーキングを始める時間が早すぎる場合も、適切な対策を行うことで眠気を軽減することができます。

朝のウォーキングを充実させるためには、自分に合った方法やペースで取り組むことが重要です。

健康的な生活を送りながら、朝のウォーキングを楽しみましょう。

他の記事はこちらから!
知っておきたいマラソン知識

マラソンパフォーマンス向上の鍵!ヘモグロビン量を増やす方法とその効果

12月 15, 2023
かごしまSONIC
こんにちは、鹿児島でランニングサークルをしている、かごしまSONICの宮原です。 今回は、”マラソン×ヘモグロビン量”のお話をしていき …